セネカ『怒りについて』④

セネカ『怒りについて』20190331④.mp3 2019年3月31日定例読書会録音。セネカ『怒りについて』の最終回でございます。理性を持ち出す傾向の強いセネカ哲学ではありますが、今回は理性の孕む問題をこの本を通して考えたいと思います。理性がいつでも正しいものなのか?セネカ自身も無意識に書き記した箇所から理性の抱える問題というのが明らかになってくるかと思われます。 ※今回、『怒りについて他二篇』(セネカ著,兼利琢也訳,岩波書店,2008)および『人と思想 セネカ』(角田幸彦,清水書院,2014)を参考にしました。

続きを読む

セネカ『怒りについて』③

セネカ『怒りについて』20190331③.mp3 2019年3月31日定例読書会録音。セネカの『怒りについて』三回目となります。今回はストア派哲学者としてのセネカに焦点をあてて語っていきます。「ストイック」という言葉の語源にもなっているストア派とは何かを説明しつつ、セネカが可能な限り理性により怒りを鎮めるべきだと強く主張したことを明らかにします。怒りに関するセネカの主張は極端にも思われますが、それは前回説明した通り、この時代が愚帝の治世であり、一人の人間の怒りにより社会不安が増大するリスクがあった為でした。 ※今回、『怒りについて他二篇』(セネカ著,兼利琢也訳,岩波書店,2008)および『人と思想 セネカ』(角田幸彦,清水書院,2014)を参考にしました。

続きを読む

セネカ『怒りについて』②

セネカ『怒りについて』20190331②.mp3 2019年3月31日定例読書会録音。セネカの『怒りについて』の二回目です。今回はセネカの同時代を生きたローマ帝国の皇帝たちに焦点をあててお話をしています。古代ギリシアとは異なり、古代ローマの哲学者は政治との距離が近く権力者のアドバイザーとしての役割を担いました。セネカも他聞に漏れず、皇帝の教育係・輔弼を行う存在でした。なので必然的に皇帝の在り方によりセネカ自身の運命は振り回されることになった訳です。そして古代ローマの中でもセネカの生きたのは愚帝と呼ばれた権力者たちの治世で、政治は粛清と反逆が繰り返され腐敗の極みに達していました。そしてそのことが逆に、セネカとそしてセネカ哲学を理想高き倫理性を纏う思想へと特徴づけたのかもしれません。 ※今回、『怒りについて他二篇』(セネカ著,兼利琢也訳,岩波書店,2008)および『人と思想 セネカ』(角田幸彦,清水書院,2014)を参考にしました。

続きを読む