プラトン『饗宴』②




2017年1月15日読書会の記録です。プラトン『饗宴』の二回目。日本の社会が西洋哲学を受容するに至った話なども交えつつ、いよいよテキスト解釈に入ります。『饗宴』中の登場人物の態度などや暗に担っている役割など、分析したら面白いものがたくさん出てくるみたいです。



ArtWork

この記事へのコメント