マルクス・ガブリエル『なぜ世界は存在しないのか』①





2019年1月27日定例読書会録音。今回よりマルクス・ガブリエルの『なぜ世界は存在しないのか』を四回に渡りお届け致します。「新しい実在論」を提唱している気鋭の哲学者の本でございます。世界という言葉の捉え方を今一度考えな直すきっかけが与えられるかと思います。


※音声序盤はテーマ本とは関係無い話をしているので本論から聴きたい方は12:10辺りからご聴取下さい。(ただし2019年1月27日という時点でのマザー・テラサワとしまだだーよの二人の世界認識を現時点において知るという意味では、図らずもこの本のテーマに沿った内容になっているのかもしれません。)










ArtWork

この記事へのコメント