カミュ『ペスト』①




2020年3月7日定例読書会録音。本日からカミュの小説『ペスト』を全四回で取り上げていきます。新型コロナウイルスの影響が生活のあらゆる場面で、現在進行形で生起している今だからこそ、人間の精神の指針を示してくれる作品ではないかと思います。この会を催した時点と、録音をアップロードしている現在では世の雰囲気もかなり異なっているというのを聴きなおして改めて感じます。語る自分自身の能天気さには嫌気がさしますが、それも後世への記録という意味で隠さずアップすることが適切かと判断しました。

初回は作品そのものの内容というよりは、『ペスト』を今読むことの意義、そしてカミュの経歴について少しお話ししております。










ArtWork

この記事へのコメント